グッドライフケア採用サイト
東京0120-329-411
大阪0120-631-411

他社との一番の違いはオンリーワンの文化

社風を知る2

グッドライフケアが
大切にしていること

多職種が
ひとつのチームになる

グッドライフケアでは、介護士や看護師・リハビリスタッフ・ケアマネジャーなど、たくさんの専門職スタッフが働いていますが、それぞれの専門職スタッフが連携し、ひとつのチームが形成されています。

職種に上下関係はありません。全員が職種の垣根を越えて、同じ目的のためにひとつのチームにならないと、私たちの目指すサービスは提供できません。現場リーダーには、看護師とケアマネジャーの様に、複数の資格を持っている人がたくさんいます。また、いつもは看護師として勤務している人が、介護士として訪問することもあります。
そうして初めて他の職種への理解が生まれます。

グッドライフケアの他の職種を尊重する文化は、そんな背景の中で培われてきました。
一番の特徴であり強みでもあります。

生産性を高く仕事する

他業界と比較して、生産性が低いと言われる医療・福祉業界。
その中でグッドライフケアはICTを使った情報連携、WEB会議システムの活用等、IT技術を使った業務効率化を推進し、生産性の向上を目指しています。
個々のスタッフが無駄な時間を削減するという意識をもって仕事に取り組み、そこで得られた結果を報酬という形式で還元しています。

世の中に合わせて
会社も変化する

正社員訪問介護士の積極採用。男性訪問介護士の積極採用。24時間訪問介護のサービス展開。ワークスタイル選択制度等。
今では当たり前のことも、他社に先駆けて取り組んできた歴史があります。

「人も会社も、変化できるものが生き残る」という考えのもと、時代の先を見て新しいことに挑戦する文化があります。
そのため、新しい制度ができたり、仕組みが変わったりすることもよくあります。変化することは、大変だったり不安がありますが、変化を経て新しい時代に順応できるチームを目指しています。

地域密着

在宅介護・医療サービスは、その地域に暮らす方がお客様です。地域で暮らす方々から信頼される会社となるためには、その地域のことをよく知り、地域の方々や各種機関との関係性がとても重要です。

そのため、グッドライフケアは地域に開かれた事業所を目指し、積極的にその地域の人と関わる取組みを行っています。地域の福祉に関わる方を招いた会議やイベントだけでなく、町内会の人に交じって、歴史あるお祭りのお神輿を担いだり、地域の清掃を行なったり、サービス以外でも地域との繋がりを大切にしています。
だからこそ、広いエリアに出店するのではなく、一つの地域を掘り下げてサービスを展開しています。

社会への貢献

グッドライフケアの事業はソーシャルビジネスで、世の中に貢献する仕事です。
そしてサービスだけでなく、企業としての在り方としても、社会への貢献を大切にしています。

例えば、スタッフの制服はパタゴニア製のユニフォームを採用しています。スタイリッシュで機能的なだけでなく、環境に配慮して作られたユニフォームです。

また、ご利用者宅へは電動自転車で訪問。グッドライフケアの事務所や施設で使用している電力は、再生可能なエネルギーで発電された電力を採用しています。

HOME新卒エントリー WEB説明会
expand_less